デンタルフレッシュ犬用503mlブレスレス・トゥースペイストチュアブル小・中型犬用

2019年01月13日

デンタルフレッシュ猫用237ml


デンタルフレッシュ猫用237ml


世界で初めて発売されてから20年近く、トップの人気を誇る猫用液体歯磨きです。
普段飲んでいるお水に本製品を少し滴下してあげればお手入れが完了します。
猫が本製品が入ったお水を飲めば飲むほど、その度に歯磨きをしていることになり、気になる口臭や、一度付着したら麻酔して除去しなければいけない歯石の蓄積も防ぐことができます。

本製品のメーカーは アメリカのフロリダ州にあるSynergyLabs(シナジーラボ)という会社です。この会社は、ペットショップなどで販売されているような犬と猫のケア商品や、ペットフード、おやつやトリーツ、オーガニックにこだわった製品などを世界40カ国以上で販売しています。
猫の歯磨きはなかなか難しいところがありますが、放置するわけにもいきません。そんな悩みに答えてくれるのが本製品で、毎日飲んでいるお水に溶液を少し加えてあげれば、飲む度に歯磨きをして、オーラルケアが可能になります。
世界で初めて発売されてから20年近い歴史があり、その間、ずっと人気は衰えません。常にペットのオーラルケア製品としてトップを走っています。
無味無臭ですから猫が嫌がることもなく、お水を飲んで口臭ケア、歯周病ケア、さらには歯を白く綺麗にしてくれる、という飼い主さんにとって理想の液体歯磨きです。
歯周病予防や口臭予防に効果があるとされている成分は、安定化二酸化塩素です。毎日飲料水からこの物質が口腔内に広がり、お口にダメージを与える病原菌の増殖を抑えて、口臭や歯石付着を防いでくれます。
普段お水を飲む容器に、約240mlの新鮮な飲料水を用意してあげます。その中にティースプーン1杯を目安にして本製品の溶液を加えます。飲水量が 240mlより多い場合には、溶液の量も調節をして下さい。
ペットも歯磨きを怠ると、プラーク(歯垢)が歯の表面や隙間などに溜まってきます。プラークは細菌の塊で、食べ物の残りを栄養にします。それを放置しておくと、歯石へと変化していきますが、本製品はプラークの成長を防ぎ、歯石となって蓄積しないように働きます。
歯の一番外側の表面部分をエナメル質と言います。この部分は、歯が割れたりしないように守ってくれています。本製品は、そのエナメル質が再生するのを助けるように働いて、結果的に歯が強くなります。
毎日、本剤の混ざっている水を飲んでいれば、歯の白さを取り戻すことも可能になります。
オーラルケアは歯肉に対しても行う必要があります。本製品は、歯肉炎などの予防にも効果があることがわかっており、使い続けることで歯肉炎の心配はなくなります。
本製品が飲料水の中に滴下されれば、飲料水も清潔さを保つことができます。(ただし、頻繁に交換することをお勧めします。)
歯ブラシを使って歯茎を傷めてしまったりする心配がなく、歯ブラシではなかなか磨ききれない歯の隙間にも、本製品の溶液はしっかりと浸透します。
本製品は猫専用ではありますが、同居の犬が飲んでも効果は全く同じで心配ありません。
無味無臭の液体で、アルコール成分を一切含みません。
砂糖や界面活性剤、洗剤、といった成分は一切使用していません。
多くの人間の製品であるような、ミント味などの人工的なフレーバーは一切使用していません。
長期に使用しても、歯が黄ばんだりといったような着色はありません。
人工的な香りを全く使用しておらず、無味無臭です。匂いに敏感な猫も本製品が飲料水の中に含まれていることは気が付きません。
本製品による予防にプラスして、定期的な獣医師のオーラルチェックを取り入れることで、歯周病予防は完璧になります。
本製品の使用に加え、歯磨きを行なったり、歯磨きトリーツなどを併用すると、更に予防効果が上がります。
本製品は、歯周病などを予防する目的で使用するものです。現在歯周病が疑われる場合は、獣医師の適切な治療が必要です。治療を行わない場合、口腔内の病原菌は全身をめぐり、心臓や腎臓、肝臓、などの臓器に影響を与えることになります。
現在、猫の口臭が強い、歯が着色している、歯茎の腫れや出血がある、常によだれが出る、食欲が無い、体重減少、など、いずれかの症状がある場合には、早急に獣医師の診察を受けて下さい。

デンタルフレッシュ猫用237ml


lovemapin at 18:11│Comments(0)デンタルケア 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
デンタルフレッシュ犬用503mlブレスレス・トゥースペイストチュアブル小・中型犬用