【犬用】メンタルヘルス

2019年05月08日

Clomicalm20mg30錠


Clomicalm20mg30錠



クロミカルムは犬の分離不安症の治療薬です。有効成分のクロミプラミン塩酸塩を含有しています。

飼い主から引き離されると、過度な不安やストレスによって過剰な吠え、不適切な場所での排泄、破壊行動をとったり、飼い主への過剰な愛着(在宅時の後追いなど)を示す犬がいますが、これらは分離不安症と呼ばれています。分離不安症の犬は脳内のセロトニンの作用が減弱しているため、クロミプラミン塩酸塩で脳内セロトニン作用を高めることで、不安を軽減させると考えられています。

分離不安症を治療するには、行動療法と薬物療法の2つを行うことが薦められています。

行動療法
飼い主への過度の依存心を軽減し、犬の不安やストレスを減少させることを目的に行われます。飼い主との適切な関係を構築し、犬を精神的に自立させます。

薬物療法
あくまでも行動療法の補助として行われます。分離不安治療補助剤として承認されているクロミカルムを使用して、行動療法との併用による治療効果をより早く効果的にすることを目的としています。

クロミプラミン塩酸塩は脳内のセロトニンの作用を高めることにより、不安を取り除きます。それによって、学習能力を低下させずに行動療法を受けやすくします。

Clomicalm20mg30錠



lovemapin at 22:53|PermalinkComments(0)

アナフラニールジェネリック(Clofranil)25mg


アナフラニールジェネリック(Clofranil)25mg



Clofranilは犬の分離不安症、猫の不安症治療のお薬です。クロミカルム錠と同じ有効成分のクロミプラミン塩酸塩を含有しています。

飼い主から引き離されると、過度な不安やストレスによって過剰な吠え、不適切な排泄、破壊行動をとったり、飼い主への過剰な愛着(在宅時の後追いなど)を示す犬がいますが、これらは分離不安症と呼ばれています。分離不安症の犬は脳内のセロトニンの作用が減弱しているため、クロミプラミン塩酸塩で脳内セロトニン作用を高めることで、不安を軽減させると考えられています。

分離不安症を治療するには、行動療法と薬物療法の2つを行うことが薦められています。

行動療法
飼い主への過度の依存心を軽減し、犬の不安やストレスを減少させることを目的に行われます。飼い主との適切な関係を構築し、犬を精神的に自立させます。

薬物療法
あくまでも行動療法の補助として行われます。分離不安治療補助剤として承認されているクロミプラミン塩酸塩を使用して、行動療法との併用による治療効果をより早く、効果的にすることを目的としています。

クロミプラミン塩酸塩は脳内のセロトニンの作用を高めることにより、不安を取り除きます。それによって、学習能力を低下させずに行動療法を受けやすくします。

また、猫については不安症(尿スプレー、過剰グルーミング、過剰な鳴き)の治療の補助としてクロミプラミン塩酸塩が使われています。

アナフラニールジェネリック(Clofranil)25mg



lovemapin at 22:50|PermalinkComments(0)

【Vet's+Best】犬用ストレス緩和チュアブル (Comfort Calm)


【Vet's+Best】犬用ストレス緩和チュアブル (Comfort Calm)



犬用ストレス緩和チュアブルは、日常のストレスによる不安や緊張を軽減させる犬用のチュアブルタブレットです。

犬用ストレス緩和チュアブルに配合されている天然成分のトリプトファンとバレリアン(カノコソウ)の根が、犬の穏やかでリラックスした毎日を応援します。トリプトファンは、睡眠やストレスに関与している神経伝達物質であるセロトニンの前駆体です。
高品質な犬用ストレス緩和チュアブルは、NASC(全米動物サプリメント評議会)の厳しい監査をクリアしています。

【Vet's+Best】犬用ストレス緩和チュアブル (Comfort Calm)



lovemapin at 22:46|PermalinkComments(0)

[VetriScience]コンポージャー犬用(Composure)


[VetriScience]コンポージャー犬用(Composure)



VetriScienceのコンポージャー(犬用)は、犬のストレス緩和をサポートするためのペット用サプリメントです。有用成分であるチアミン、Lテアニン、コロストラムカーミングコンプレックスが、犬に安らぎを与え、リラックスへと導きます。

VetriScienceは、NASC(全米動物サプリメント協議会)認定の高品質ペット用サプリメントブランドです。

コンポージャー(犬用)に含まれる成分の働き
■チアミン(ビタミンB1)
神経機能に働きかけ、犬の不安を緩和するサポートをします。

■テアニン
興奮や緊張を和らげ、心身をリラックスさせる働きがあることで知られています。

犬がストレスに適応することができなくなると、多動や異常なマーキング、過度に引っ掻くなど、攻撃的な行動につながることがあります。そうした行動の予防や対応策として、コンポージャー(犬用)の使用を推奨いたします。

コンポージャー(犬用)は、犬のストレスを緩和し、リラックスさせることを目的としたサプリメントです。

[VetriScience]コンポージャー犬用(Composure)


ペットはサプリでケアする時代。高齢ペットの関節サポート、寂しがり屋のストレスケア etc…


愛するペットと末永く一緒に…。

とにかく毎日一緒にいる我が家のペット君たち。若いのもいれば15歳の重鎮も♪
いつからかわかりませんが、もはやこの子なしの生活はもはや考えられなくなりました。(笑)
かわいいし、守ってやらなきゃって。

そこで当然、気になってくるのが健康ですよね。
運動、食事、気をつけなければいけないことは、十分に注意しています。
ところが、長年に渡り飼っていると、それだけでは十分ではないケアがあることが分かります。


高齢化ペット&ストレスフルなペット

運動と食事だけでは対応できなかった問題、それが、我が家の場合、ペットの高齢化とストレスでした。
そのため、この課題をどうしたいいのかをいろいろ考え、様々なチャレンジ。

そして出た答え、それがサプリメントの使用でした。

え?サプリメント?ペットに?そう思われる方も多いかもしれません。
確かに我が家においても現状の問題がなければ、おそらく「ペットにサプリだなんて贅沢かも。」と思っていたでしょう。
しかし、やはり愛する我が子、私には背に腹は替えられません。

まず、高齢化したペットへの対応をどうしたか。
彼の場合、関節が悪くなってしまい、足をかばって歩く姿が痛々しいほどの状態でした。
こうなってしまうと、運動はもちろんできませんし、食事でケアするのも限界があります。

そこで色々調べて、彼に摂取させたのがVetriScienceシリーズのグリコフレックスプラス(犬・猫用)。
人間用サプリでご存知の方も多いと思いますが、関節サポート成分 グルコサミンやコンドロイチンが配合されています。

また、昼間に私がちょっと出掛けるだけで、おおきなストレスを抱えてしまう彼に摂取させたのは、同じくVetriScienceシリーズのコンポージャー(犬・猫用)です。
精神を安定させる成分チアミンやテアニンが配合されています。

まだまだある症状別ペット用サプリメント

医薬品ではありませんので、私も当初はそれほど期待していたわけではなかったのですが、
月日が経つにつれ、我が家のこの二匹は徐々に目に見えて回復してきました。

この回復の特性をみていると、予防目的やゆっくりとケアしたい時に最適な感じがしています。
サプリメントということもあり、副作用的なところもまったく感じることがなかったのもおすすめできる理由です。

また、このVetriScienceシリーズには、上記の2点の他、ペット用のマルチビタミンを始め、毛並みケア、腸内や膀胱、利尿サポートなどのサプリもあるようです。

個人的には、愛するペットに、あれっ?という兆候があったときはもちろん、転ばぬ先の杖として摂取させるのも良いなって思っています。


[VetriScience]コンポージャー犬用(Composure)



VetriScienceのコンポージャー(犬用)は、犬のストレス緩和をサポートするためのペット用サプリメントです。有用成分であるチアミン、Lテアニン、コロストラムカーミングコンプレックスが、犬に安らぎを与え、リラックスへと導きます。

VetriScienceは、NASC(全米動物サプリメント協議会)認定の高品質ペット用サプリメントブランドです。

コンポージャー(犬用)に含まれる成分の働き
■チアミン(ビタミンB1)
神経機能に働きかけ、犬の不安を緩和するサポートをします。

■テアニン
興奮や緊張を和らげ、心身をリラックスさせる働きがあることで知られています。

犬がストレスに適応することができなくなると、多動や異常なマーキング、過度に引っ掻くなど、攻撃的な行動につながることがあります。そうした行動の予防や対応策として、コンポージャー(犬用)の使用を推奨いたします。

コンポージャー(犬用)は、犬のストレスを緩和し、リラックスさせることを目的としたサプリメントです。

[VetriScience]コンポージャー犬用(Composure)



lovemapin at 22:38|PermalinkComments(0)

シレオ犬用(Sileo)


シレオ犬用(Sileo)



シレオは、デクスメデトミジンを有効成分とした、騒音や大きな音に対するストレスを緩和する犬用の医薬品です。

米国では、全体の三分の一にものぼる飼犬が、外部からの騒音によるストレスから、以下のような不自然な行動をとっているとされています。

○震えや喘ぎ ○怯え ○イライラした落ち着きのなさ 
○じっと動かなくなる ○吠える ○ものに隠れる ○飼い主への付きまとい

シレオは、花火や雷、工事現場、渋滞、祭事などの騒音に対するストレスを緩和する薬として、初めてFDA(米食品医薬品局)の認可を受けた医薬品となります。鎮静作用を与えることなく、犬をリラックスさせるのが特徴で、その安全性と効果は臨床的にすでに確認されています。経口のシリンジタイプです。

シレオ犬用(Sileo)



lovemapin at 21:32|PermalinkComments(0)